iCADテクニック:既存2Dから3Dモデル作成手順

設計

この記事はこのような人に向けて書いています。

  • 過去の2DデータからiCADで3Dモデルを作成したい人
  • 2Dしかデータがない市販品などを3D化したい人

こんにちは。ゆー です。

3DCADを運用していると、こんな悩みが発生しませんか。

過去の設計を流用したいけど2Dしかデータがない…

3D検討したいけど、市販品のデータが2Dしかない!

「データが2Dだけ」問題は3DCADを使っている人にとって非常に”あるある”な問題でしょう。

この問題を解決するには2Dから3Dモデルを手早く作成できるようになることが重要です。

今回はiCAD SXで2Dデータから3Dのモデルを作成する手順を解説します。

① DXFデータを用意する

iCADがインポートできる2DデータはDXF、DWGです。

機械メーカーなどからダウンロードする2DデータなどはDXF形式が主流ですので読み込み可能です。

一方で、自社で他CAD(例えばJw_cadやSOLIDWORKSなど)によって作成したデータは、そのままiCADで読み込むことができません。あらかじめDXFに変換・保存しておきましょう。

iCAD SXに限らず、新しいCADに乗り換えたときは古いCADのデータをDXFやPDFへまとめて変換しておきましょう。古いCADを使用できなくなってからも慌てずに済みますよ。

② DXFデータを読み込む

iCADでDXFデータを読み込む手順は以下のとおりです。

  1. ファイル→図面変換 インポート
  2. DXF形式を選択→開く

やりがちなミスにファイル→開くで読み込もうとしてしまうことがありますので注意してください。

また、ファイルのドラッグアンドドロップにも対応していません。

頻繁にDXFファイルを読み込む作業があるなら、以下のツールを活用しましょう!

③ 三面図を定義する

実践例として以下の2D図を使って説明します。

正面図の原点を決める

インポートした直後の2D図はすべて正面図(正面ビュー)になっています。

まずは正面図の原点を設定しましょう。

  1. コマンドメニュー→ファイル→原点移動→座標軸移動を選択する
  2. 正面図の原点にしたい点を選択する

側面図や平面図に分ける

続いて、図を側面図や平面図に区分けします。

例えば平面図に変更したい図形がある場合は以下の手順です。

  1. コマンドメニュー→ファイル→ビュー変更→基本ビューを選択する
  2. 詳細メニューの”X-Z”を選択する(平面ビューへの変更の場合)
  3. ビューに変更したい図形を選択する
  4. ビューの基準点にしたい点を選択する

平面図や側面図の基準点は正面図の基準点と一致するようにしてください。もし間違えてしまっても正面図の基準点と同様に座標軸移動コマンドで直せます。

④ 三次元上に組立平面を作成する

ビュー変更が完了したら、3次元上の組立平面としてビューを配置します。

三次元画面を表示する

以下の手順で現在表示している2次元とは別に3次元のウィンドウを作成します。

  1. 次元切替コマンドを選択する。
  2. 2D上で任意の2点を選択する。

図面ウィンドウを最大化していた場合、3次元画面が全体に表示されます。ウィンドウ→左右に並べて表示などで2次元と3次元が両方表示されるようにしましょう。

組立平面を作成する

続いて、3次元上に組立平面を生成します。

  1. ツールから組立平面→ビュー指定を選択する。
  2. 2D上の作成したっ正面図、平面図、側面図をクリックする。

⑤ 組立平面に沿ってモデリング

ここからは3次元画面上での作業です。作成した組立平面に沿ってモデルを作成しましょう。

モデリングのポイントは3つです。

  • 立体配置コマンドを使う
  • 2D→3Dコマンドを使う
  • 矢示図は手動でコピーする

それぞれ、以下に解説します。

流用目的なら”立体配置”

過去の図面を流用して設計を行う目的であれば、”立体配置” “角編集”を中心にモデリングをしましょう。後からの設計変更が行いやすいデータになります。

市販品などは”2D→3D”

市販品など、設計変更がありえない部品であれば”2D→3D”コマンドを活用すると効率的です。

矢示図は手動でコピー

矢示図や詳細図は基本ビューにできません。

モデリングで活用したい場合は、手動で組立平面を作成してコピーしましょう。

  1. “次元切替”で2次元と3次元を並べて表示する
  2. ツール→組立平面→面指定で矢示図を置きたい組立平面を作成する
  3. コピー→窓間コピーで2Dから矢示図をコピーする

このようにモデリングを続けていけば3Dモデルの完成です!

本記事で掲載している画像の特記事項

本ブログ記事に掲載しているiCADの画像についての注意事項です。

  • iCADは、富士通株式会社の登録商標です
  • iCAD SXの著作権は、iCAD株式会社が保有します
  • 当ブログでは、iCAD株式会社の許諾を得て画面等を表示しています
  • 当ブログの内容について、無断で使用、複製することを禁じます
ゆー

この記事を書いた人

ゆー

iCAD作業効率UP!おすすめのショートカットキー設定

【iCAD用便利ツール】オートインポート

console.log("postID: 14805");console.log("カウント: 728");