かじり付いたねじの外し方【いざという時のために準備しておこう】

ねじ

ねじを締めるときに、気をつけてはいたんだけれど、ついついねじをかじらせてしまった・・・。どうしたらいいですか?

このような悩みを持った人へ、お答えしていきます。

私は機械設計の仕事を普段しており、主に産業機械の設計を中心に行っております。

産業機械は金属部品を多用しますが、特に錆びを嫌うような場所に使用するのが「ステンレス」です。

ステンレスは材料自身が錆びに強いという性質を持っているため、機械の部品やねじに使われているだけではなく、皆さんのご家庭の包丁や、水回りの用品などにもたくさん使われております。

しかし、ステンレス製は「ねじが、かじりやすい」という厄介な特性も持っており、現場の職人さんの中でもだいたい何人かに1人はかじらせてしまったりします。

「かじり」とは、ねじを挿入していくときに、ねじが固着し、全く動かなくなってしまう現象のことを言います。ねじがかじってしまうと、そこから締め込もうにも、緩めようにも、ビクともしなくなってしまいます。別の呼ばれ方として、「焼付き」とも言ったりします。

ですが、かじり付いたねじをなんとかして外さないと、それ以降の作業が何もできなくなってしまいます

しかもこういうときに限って、納期が迫っていたりするので、かなり焦りますよね。

そこで今回は、かじり付いてしまったねじを取り外す方法について、お話していきます。

ねじをかじらせても慌てないように、予め準備をしておきましょう。

使用する工具

ねじがかじっている場合、ねじ部の抵抗がかなり高い状態にあり、ねじがなめやすくなっています。

「なめる」というのは、ボルトやナットを工具で回した際に、工具とボルト・ナットとの間で滑ってしまうことにより、六角形の部分、または六角形の穴の角が丸くなってしまう現象のことです。六角形の角が丸くなってしまうと、工具とボルト・ナットとが空回りしてしまい、ねじを回すことができなくなってしまいます。「ねじが潰れる」とも言ったりします。

そのため以下に従って、かじったねじを外すのに使用する最適な工具を選ぶようにしましょう。

「六角ボルト」や「ナット」の場合

六角ボルトやナットの場合は「メガネレンチ」を使うようにしましょう。

メガネレンチは六角形の全ての角部に力をかけることができるレンチです。

これにより、ボルト・ナットの六角形の角に均等に力を加えることができます。

逆に、安物のスパナやモンキーレンチですと、ボルトやナットに掛かる箇所が少ないので、最悪の場合ボルトの頭がなめてしまいます。

このような工具は、使用しないようにしましょう。

created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥1,869 (2020/04/06 08:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

「六角穴付きボルト」や「止めねじ」の場合

六角穴付きボルトや止めネジの場合、工具は必然的に六角レンチになります。

created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥902 (2020/04/06 21:03:19時点 Amazon調べ-詳細)

ただし、かじったねじを外すのに「ボールポイント」の部分は使わないようにしましょう。

「ボールポイント」は、ねじを素早く挿入するのには便利ですが、かじったねじを取り外すのに使うと、ねじがなめてしまいます。

また、ボールポイントではなく六角レンチでも、先端が傷んでいないか(角が丸まっていないか)を事前にチェックしておきましょう。

どのケースにも言えること:電動工具・エアー工具は使わない

かじったねじを外すのは、ボルトがなめないように、かつ更なるかじりが発生しないように、慎重に行う必要があります。

そのため、ねじへ掛けるトルクの微妙なコントロールができない電動工具やエアー工具は、使わないようにしましょう。

リスクが少ない方法から試してみよう

かじり付いたねじの外し方はピンからキリまであります。

ただし、その中には、ねじが損傷してしまったり、施工自体が危険というリスクが高い方法もあります。

そのため、最初はリスクの少ないものから試していき、それでもダメなら次の方法、といった要領で進めて行くのをおすすめします。

「CRC KURE 5-56」を使う:リスク低

かじってしまったねじは、潤滑剤を吹きかけることで、取り外せる場合があります。

潤滑剤で、ある程度信頼性があり、かつ安価なのが「CRC KURE 5-56」です。

やり方は以下のとおりです。

  1. ねじの隙間に向けて、多めに吹きかける。
  2. そのまま5分〜10分程度待つ
  3. 工具をかけて、慎重にねじを緩めてみる

ゴミが少し噛み込んでいる程度であれば、この方法で外すことが可能です。

ねじ神様:リスク低

かじり付いたねじを取り外すのに特化した潤滑剤です。

やり方は、KURE 5-56と同様です。

公式の動画がありましたので、気になる方はご覧くださいs.

ねじ神様紹介動画

KURE 5-56よりも強力なようですが、値段は若干高めです。

created by Rinker
BASARA
¥3,245 (2020/04/06 21:55:59時点 Amazon調べ-詳細)

インパクトドライバーを使う:リスク中

六角穴付きボルトや、十字穴付きねじの場合に使用できる方法です。

インパクトドライバーとは、本体のおしりをハンマーで叩くと、叩いた衝撃力を回転力に変換してくれる工具です。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥5,766 (2020/04/06 09:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

やり方は、以下のとおりです。

  • インパクトドライバー本体に付属のビットを装着する
  • ポンチを打つ要領で、インパクトドライバーのお尻をハンマーで叩く

潤滑剤などと併用すると、効果が高いです。

ボルトの頭に左ねじを入れる:リスク中

この方法は、ねじサイズがある程度大きいものに対して有効な方法です。

やり方は以下のとおりです。

  • ボルトの頭に左ねじのタップを加工する(2〜3山分程度で十分)
  • 左ねじのボルトを締め込んでいき、かじり付いたねじを外す

この方法でボルトの頭にタップを切る加工は、ボール盤があればまだいいですが、ハンドドリルでやる場合には難易度が高くなります。

ねじの軸に対して垂直にタップが切れていないと、うまくねじを回すことができないからです。

また、左ねじのタップやボルトを使うことは、かなり稀なので、誰かが持っていればラッキー程度の方法です。

ドライバーのおしりをプラスチックハンマーで叩く:リスク高

これは、ねじが十字穴付きねじの場合に使用できる方法です。

できれば、インパクトドライバーを使ったほうがいいのですが、それがない場合はこの方法です。

まず使用する工具について、注意点が2つあります。

1つ目は、使用するドライバーは「貫通ドライバー」にしてください。

貫通ドライバーとは、ドライバーの柄の末端まで、金属が差し込まれているドライバーです。

貫通ドライバーではない、100円均一などのドライバーを使うと、ハンマーで叩いた際に柄の部分が砕けてしまうのでNGです。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥5,507 (2020/04/06 08:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

2つ目は、ハンマーはプラスチックハンマーを使用しましょう。

ハンマーには、金属やゴム・プラスチックなどがありますが、プラスチックが一番妥当です。

金属ハンマーですと工具が傷むリスクがありますし、ゴムハンマーですとゴムが負けて凹んだりしてしまいます。

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥877 (2020/04/06 23:03:45時点 Amazon調べ-詳細)

ではやり方ですが、

  1. ドライバーをねじの頭に挿し込んむ(ねじ穴に垂直かつ、しっかり十字穴にはまっているかを確認)
  2. ドライバーのおしりを、プラスチックハンマーで叩く

こうすることによって、ねじ部に衝撃が伝わり、固着した部分が離れやすくなります。

また、潤滑剤を吹きかけたりする方法と併用すると、より効果的です。

工具をプラスチックハンマーで叩いて回す:リスク高

六角ボルト・ナット、六角穴付きボルトなどのケースで、インパクトドライバーが手元にない場合の方法です。

工具を回す際に、人間の手の力ではやはり限界がありますので、ハンマーで叩いた衝撃を使うと外れる場合があります。

ハンマーを叩くときのコツは、「コンコンコン・・・」といった具合に、優しく叩いていくことです。

思いっきり叩いてしまうと、ボルト・ナットがなめる原因になったり、ねじに更なるかじりが生じやすくなるので禁物です。

ナットやタップを切った母材を暖める:リスク高

多くの物質は熱を加えると膨張するという現象を利用します。

ナットや、タップを切った母材をで暖めることによって、雌ねじが膨張し、ねじが外れやすくなります。

暖める際は、バーナーか、ヒーターを使用します。

暖める際には、なるべくボルトの温度が上がらないようにしましょう。

せっかく雌ねじが膨張したのに、雄ねじまで膨張してしまっては効果が薄くなってしまいますからね。

ここで注意点として、潤滑剤などの溶剤と併用したり、ねじ部に溶剤が残っている状態での使用は禁止です。

溶剤が引火し、火災の原因にもなります。

また、現場によっては火器を使用する際には、申請が必要だったりするので、注意しましょう。

ねじが外れたら

ねじが外れましたら、雄ねじ及び雌ねじが傷んでいないかを確認しましょう。

ほとんどの場合、ねじがかじり付いた時点で、ねじ山が傷んでいます。

さらに、ねじに衝撃を加わえて外した場合は、さらに傷んでいる可能性があります。

標準のボルト・ナットの場合は、どちらも新品に交換するのが無難です。

それが難しい場合は、ダイスやタップでさらい直したり、雌ねじ側にヘリサートを入れるようにしましょう。

まとめ

今回のポイントについてまとめると、以下のとおりとなります。

  • 工具は適切なものを使用する
  • リスクが低い方法から順に試してみるのが無難
  • かじり付いたねじは傷んでいる可能性が高いので、外したあとは新品に交換するか、適切な処置をする
  • ねじがかじり付いても落ち着いて処置ができるように、予め道具や工具を準備しておくことが大切

かじり付いたねじを外す方法は様々ありますが、やはりかじり付いた時点でねじ山が傷むので、そもそもかじらないように気をつけることが大切です。

そもそも何でねじがかじり付くのか、かじりを予防するにはどうしたらいいのか、ということについては、こちらの記事で解説しています。

ねじの「かじり」の原因【ステンレスでよく発生します】
ステンレスの部品やねじを使ってたら、ねじがビクともしなくなった。何でかじり付いちゃったのかな。ステンレスって錆びないから便利だと思ったのに・・・このような疑問・悩みを持った人へ、お答えしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました