Oリングの種類【多くの規格があります】

シール材

Oリングって調べてみるといろんな種類や規格があるけれども、それぞれどういう特徴があって、どのように使い分けたらいいのか、教えて欲しい。

このような疑問・悩みを持った人へ、お答えしていきます。

Oリングはシール材の一つで、断面形状が丸をしてるリング状の部品のことを言います。

ものづくり業界でいうシール材とは、内部からの流体の漏れを防いだり、外部からの流体の侵入を防いだりする目的で導入される、部品や装置の総称を言います。

Oリングのサイズは「内径」と「線径」とで決められておりますが、Oリングには多くの規格が存在し、その規格ごとに寸法のラインナップが異なるのです。

そのため、初めてOリングのカタログを見た時には、何がどう違うのか、どのように使い分けたらいいのかがわからなくなります。

そこで今回は、Oリングについて「どのような規格があるのか」「どのような特徴があるのか」についてお話をしていきます。

JISにおけるOリング規格

OリングはJIS B 2401-1にて、形状・寸法・外観・材質などが規定がされております。

P規格(運動用・固定用)

Oリングの中で、運動用(片側固定・片側運動)に使われるOリングは「P規格」と呼ばれています。

PはPackingの略でして、ものづくりではシール材のうち、運動用に使われるものを「パッキン」と呼びます。

サイズの種類が豊富で、さらに固定用としての使用もできますが、運動による摩擦等に耐えられるようにしているためか、G規格のOリングに比べると形状がゴツくなっています。

運動用として使用する場合、シリンダーなどの「往復運動」をする場所に適用されることがほとんどで、「回転運動」に適応可能なのは特殊なものとなります。

運動用のOリングは「JASO F404」という規格でも規定がされており、その一部はJISのP規格に呼び替えることができます。

G規格(固定用)

Oリングの中で、運動用(片側固定・片側運動)に使われるOリングは「G規格」と呼ばれています。

GはGasketの略でして、ものづくりではシール材のうち、運動用に使われるものを「ガスケット」と呼びます。

固定用Oリングを使用する場合、P規格に比べてG規格の方が線径が細くなりますので、省スペース化の観点で有利です。

線径は2パターンあり、
内径149.3mm以下では線径が3.1mm、
内径が149.3mm以上では線径が5.7mm
となります。

ちなみに、内径が149.3mm以上で線径が3.1mmのものの場合、G規格からさらに派生した「GS規格」というものになります。

V規格(真空用)

Oリングの中で、真空配管に使われるOリングは「V規格」と呼ばれています。

VはVacuumの略で、日本語に訳すと「真空」です。

高真空にも耐えられるようにされているせいだとはおもますが、P規格やG規格に比べて線径が太くなっています。

一般的にOリングの材質はNBR(ニトリルゴム)が多いのですが、真空用の場合はガスバリア性や耐熱性が重視されていることからFKM(フッ素ゴム)を使うのが一般的になっています。

ただ、P規格やG規格と比較すると用途が限定的であるため、流通量は少なめです。

JASOにおけるOリング規格

JASO F404規格

日本国内で使用されているOリングの規格は、JISだけではなくJASOでも規定がされております。

JASOとは、日本自動車技術会規格(Japanese Automation Standards Organization)の略で、自動車やオートバイに適用することを目的とした規格のことです。Oリング以外にもボルトなどの部品や、車両の走行試験方法などに至るまで幅広く規定されております。一部JISとは異なる内容のものもあるので注意が必要です。

そのJASOの中でOリングについて規定されたものが、JASO F404規格です。

一部のOリングは、P規格にて規定されている寸法と全く同じなので、呼び替えることができます。

航空機用のOリング規格

AS568規格

SAEインターナショナル(米国自動車技術者協会、Society of Automotive Engineers)が定めた、航空宇宙規格です。

主に、航空機用の油圧機器の運動・固定両用Oリングとして使われています。

米国で作られた規格であるせいか、寸法表をみるとインチで決められているように見えます。

一部製品は、米国AN6227規格(旧JIS W 1516)、AN6230規格(旧JIS W 1517)ともいいます。

AN6227規格

AN6227は、米国MIL規格がベースとなったOリングの規格であり、航空機用の運動・固定両用として規定されております。

昔はJISでも、JIS W 1516で規定がされておりましたが、現在では廃止されております。

JISでいうP規格のようなポジションでしたが、現在ではその全てをAS568規格に呼び替えることができます。

AN6230規格

AN6230は航空機用の固定用Oリングとして使用されておりました。

昔はJISでも、JIS W 1517で規定がされておりましたが、現在では廃止されております。

線径は3.53mmの一種類のみとなります。

JISでいうG規格のようなポジションでしたが、現在ではその全てをAS568規格で呼び替えることができます。

ISOにおけるOリング規格

F規格(ISO一般工業用)

現在のJISでは規定されておりませんが、ISOにおいて規定がされているシリーズで、油圧機器・空圧機器にて国際的に使用されているものです。

ISOとは国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略で、世界規模で使用される標準を作る組織のことを言います。世界規模で使用されていますので、かなり多くの国がこの規格を採用しております。例えば長さの単位は「メートル」以外にも「インチ」や「尺」などたくさんありますが、世界共通で使えるようにするため、ISOでは「メートル法」が採用されております。

ISO規格では、Oリングの線径の寸法精度のランク付けがされており、最も厳しい「クラスA」は航空機などに使われております。

国内では、流通量が非常に少ないです。

その他規格

以下は、公的に規定された規格ではないのですが、限定的な用途などで使用されているOリングの寸法規格です。

S規格

精密機器のような小さな機器でも使用可能なように、省スペース化されたOリングです。

内径22mm以下では、線径が1.5mm、
内径22mmより大きいものでは、線径が2.0mm、
となっております。

SはSmallの略であると言われております。

SS規格

機器の小型化に対応するため、S規格よりもさらに省スペース化に対応したOリングの規格です。

内径は比較的小さいものばかり(20mm以下)で、線径の太さは1.0mmのみとなります。

M規格

SS規格よりもさらに省スペース化に対応したOリングの規格です。

M規格は線径が0.5mmととても細いOリングです。

Oリングの内径も最大で10mm程度しかなく、精密機器などのようなニッチな分野で使用がされております。

ちなみにMは、「Micro」の略です。

N規格

もともとN規格は、真空機器向けとして規定されたものです。

線径が5.0mmと1種類しかありませんが、一部はNW規格と同じ寸法であるため、呼び替えることができます。

ちなみNの由来は、ドイツ語で真空管の内径を表す「Nenn Weite」の頭文字のNです。

NW(KF)規格

真空分野で使用されるセンターリング用のOリングの規格です。

センターリングとは、真空用配管の継手の一種で、着脱が容易に設計されたタイプを言います。

使用の際は、センターリングとNW規格のOリングとをセットで使用します。

V規格同様、材質はフッ素ゴムが一般的です。

NW(KF)規格のOリングは全て、N規格に置き換えることができます。

まとめ

今回のポイントをまとめると、以下の通りとなります。

  • Oリングは主に「固定用」と「固定・運動両用」「真空用」とに分けられる
  • 国内で規定された規格だけでも数種類ある
  • Oリングは太いほど耐久性が高いが、近年では省スペース化にも対応し、細いOリングの規格も登場している

なお、具体的な寸法について知りたい方は、各OリングメーカーのWebサイト(NOKさん桜シールさんなど)を参考にするか、下のJISをご参照ください。

created by Rinker
¥14,410 (2019/12/11 15:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました