普通鋼 機械的性質・鋼板・平鋼(フラットバー)寸法表

技術資料

一般構造用圧延鋼材(SS材)

以下の材料について、掲載します。

  • SS400

一般構造用圧延鋼材(SS材)の機械的性質

機械的性質(1)
材質降伏点または耐力 [N/mm2](※1)引張強さ
[N/mm2](※1)
ヤング率
[GPa](※2)
密度
[g/cm3](※2)
熱膨張係数
[×10-6 1/K](※2)
t≦1616<t≦4040<t≦100100<t
SS400205~195~175~165~400~5102067.8511.7

一般構造用圧延鋼材(SS材)の寸法および板厚許容差

SS材 鋼板

板厚t、板幅B、長さLごとの、板厚許容差Δt
tB×L ※( )内はmm
3’×6′(914×1829)4’×8′(1219×2438)5’×10′(1524×3048)
3.2±0.24
4.5±0.45
6.0±0.50±0.50±0.50
9.0±0.55±0.55
12.0±0.55±0.55±0.55
16.0±0.65±0.65±0.65
19.0±0.65±0.65±0.65
22.0±0.65±0.65±0.65
25.0±0.65±0.65±0.65
t3’×6′(914×1829)4’×8′(1219×2438)5’×10′(1524×3048)
B×L ※( )内はmm
  • 在庫寸法の参考資料:鋼材や
  • 許容差の参考資料 JIS G 3193
  • 板の在庫については、取引先にご確認ください。
  • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

SS400 ミガキ平鋼(フラットバー)

板厚t、板幅Bごとの板厚許容差Δt,ΔB (B = 6~19)
tB
69101213151619
3Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
4Δt=±0.3
ΔB=±0.8
4.5Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
5Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
6Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
7Δt=±0.4
ΔB=±0.8
8Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
9Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
10Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
12Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
16Δt=±0.6
ΔB=±0.8
19
22
25
30
32
38
50
t69101213151619
B
  • FBのサイズの参考資料 太平鋼材工業
  • 許容差の参考資料 JIS G 3194 B級
  • 取扱い板材サイズは、材料メーカーにより一部異なります。取扱いの有無は、各取引先にご確認ください。
  • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

板厚t、板幅Bごとの板厚許容差Δt,ΔB (B = 20~40)
tB
2022252830323840
3Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
4Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
4.5Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
5Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±0.8
6Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
7Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
8Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
9Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
10Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
12Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
16Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
19Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
20Δt=±0.8
ΔB=±0.8
22Δt=±0.8
ΔB=±0.8
Δt=±0.8
ΔB=±0.8
Δt=±0.8
ΔB=±0.8
25Δt=±1.0
ΔB=±0.8
Δt=±1.0
ΔB=±0.8
30
32
38
50
t2022252830323840
B
  • FBのサイズの参考資料 太平鋼材工業
  • 許容差の参考資料 JIS G 3194 B級
  • 取扱い板材サイズは、材料メーカーにより一部異なります。取扱いの有無は、各取引先にご確認ください。
  • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

板厚t、板幅Bごとの板厚許容差Δt,ΔB (B = 44~100)
tB
44455060657590100
3Δt=±0.3
ΔB=±1.0
4
4.5Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±1.0
Δt=±0.3
ΔB=±1.3
Δt=±0.3
ΔB=±0.5
Δt=±0.3
ΔB=±2.0
5Δt=±0.3
ΔB=±0.8
Δt=±0.3
ΔB=±1.0
6Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±1.0
Δt=±0.4
ΔB=±1.2
Δt=±0.4
ΔB=±1.3
Δt=±0.4
ΔB=±1.5
Δt=±0.4
ΔB=±1.8
Δt=±0.4
ΔB=±2.0
7
8Δt=±0.4
ΔB=±1.0
9Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±0.8
Δt=±0.4
ΔB=±1.0
Δt=±0.4
ΔB=±1.2
Δt=±0.4
ΔB=±1.3
Δt=±0.4
ΔB=±1.5
Δt=±0.4
ΔB=±1.8
Δt=±0.4
ΔB=±2.0
10Δt=±0.4
ΔB=±1.0
Δt=±0.4
ΔB=±1.2
Δt=±0.4
ΔB=±1.3
Δt=±0.4
ΔB=±1.5
Δt=±0.4
ΔB=±1.8
Δt=±0.4
ΔB=±2.0
12Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±0.8
Δt=±0.5
ΔB=±1.0
Δt=±0.5
ΔB=±1.2
Δt=±0.5
ΔB=±1.3
Δt=±0.5
ΔB=±1.5
Δt=±0.5
ΔB=±1.8
Δt=±0.5
ΔB=±2.0
16Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±1.0
Δt=±0.6
ΔB=±1.2
Δt=±0.6
ΔB=±1.3
Δt=±0.6
ΔB=±1.5
Δt=±0.6
ΔB=±1.8
Δt=±0.6
ΔB=±2.0
19Δt=±0.6
ΔB=±0.8
Δt=±0.6
ΔB=±1.0
Δt=±0.6
ΔB=±1.2
Δt=±0.6
ΔB=±1.3
Δt=±0.6
ΔB=±1.5
Δt=±0.6
ΔB=±1.8
Δt=±0.6
ΔB=±2.0
20Δt=±0.8
ΔB=±1.0
Δt=±0.8
ΔB=±1.3
Δt=±0.8
ΔB=±2.0
22Δt=±0.8
ΔB=±0.8
Δt=±0.8
ΔB=±1.0
Δt=±0.8
ΔB=±1.2
Δt=±0.8
ΔB=±1.3
Δt=±0.8
ΔB=±1.5
Δt=±0.8
ΔB=±1.8
Δt=±0.8
ΔB=±2.0
25Δt=±1.0
ΔB=±1.0
Δt=±1.0
ΔB=±1.0
Δt=±1.0
ΔB=±1.2
Δt=±1.0
ΔB=±1.3
Δt=±1.0
ΔB=±1.5
Δt=±1.0
ΔB=±1.8
Δt=±1.0
ΔB=±2.0
30Δt=±1.0
ΔB=±1.0
Δt=±1.0
ΔB=±1.2
Δt=±1.0
ΔB=±1.3
Δt=±1.0
ΔB=±1.5
Δt=±1.0
ΔB=±2.0
32Δt=±1.0
ΔB=±1.0
Δt=±1.0
ΔB=±1.3
Δt=±1.0
ΔB=±1.5
Δt=±1.0
ΔB=±2.0
38Δt=±1.0
ΔB=±1.0
Δt=±1.0
ΔB=±1.3
Δt=±1.0
ΔB=±1.5
Δt=±1.0
ΔB=±2.0
50Δt=±1.2
ΔB=±1.3
Δt=±1.2
ΔB=±1.5
Δt=±1.2
ΔB=±2.0
t44455060657590100
B
  • FBのサイズの参考資料 太平鋼材工業
  • 許容差の参考資料 JIS G 3194 B級
  • 取扱い板材サイズは、材料メーカーにより一部異なります。取扱いの有無は、各取引先にご確認ください。
  • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

板厚t、板幅Bごとの板厚許容差Δt,ΔB (B = 125~350)
tB
125150180200230250300350
3
4
4.5Δt=±0.3
ΔB=±2.5
Δt=±0.3
ΔB=±3.0
Δt=±0.3
ΔB=±3.6
Δt=±0.3
ΔB=±4.0
5
6Δt=±0.4
ΔB=±2.5
Δt=±0.4
ΔB=±3.0
Δt=±0.4
ΔB=±3.6
Δt=±0.4
ΔB=±4.0
Δt=±0.4
ΔB=±5.0
Δt=±0.4
ΔB=±6.0
Δt=±0.4
ΔB=±7.0
7
8
9Δt=±0.4
ΔB=±2.5
Δt=±0.4
ΔB=±3.0
Δt=±0.4
ΔB=±3.6
Δt=±0.4
ΔB=±4.0
Δt=±0.4
ΔB=±5.0
Δt=±0.4
ΔB=±6.0
Δt=±0.4
ΔB=±7.0
10Δt=±0.4
ΔB=±2.5
Δt=±0.4
ΔB=±3.0
Δt=±0.4
ΔB=±3.6
Δt=±0.4
ΔB=±4.0
Δt=±0.4
ΔB=±5.0
Δt=±0.4
ΔB=±6.0
12Δt=±0.5
ΔB=±2.5
Δt=±0.5
ΔB=±3.0
Δt=±0.5
ΔB=±3.6
Δt=±0.5
ΔB=±4.0
Δt=±0.5
ΔB=±4.6
Δt=±0.5
ΔB=±5.0
Δt=±0.5
ΔB=±6.0
Δt=±0.5
ΔB=±7.0
16Δt=±0.6
ΔB=±2.5
Δt=±0.6
ΔB=±3.0
Δt=±0.6
ΔB=±3.6
Δt=±0.6
ΔB=±4.0
Δt=±0.6
ΔB=±4.6
Δt=±0.6
ΔB=±5.0
Δt=±0.6
ΔB=±6.0
Δt=±0.6
ΔB=±7.0
19Δt=±0.6
ΔB=±2.5
Δt=±0.6
ΔB=±3.0
Δt=±0.6
ΔB=±3.6
Δt=±0.6
ΔB=±4.0
Δt=±0.6
ΔB=±4.6
Δt=±0.6
ΔB=±5.0
Δt=±0.6
ΔB=±6.0
Δt=±0.6
ΔB=±7.0
20
22Δt=±0.8
ΔB=±2.5
Δt=±0.8
ΔB=±3.0
Δt=±0.8
ΔB=±3.6
Δt=±0.8
ΔB=±4.0
Δt=±0.8
ΔB=±5.0
Δt=±0.8
ΔB=±6.0
Δt=±0.8
ΔB=±7.0
25Δt=±1.0
ΔB=±2.5
Δt=±1.0
ΔB=±3.0
Δt=±1.0
ΔB=±3.6
Δt=±1.0
ΔB=±4.0
Δt=±1.0
ΔB=±5.0
Δt=±1.0
ΔB=±6.0
Δt=±1.0
ΔB=±7.0
30Δt=±1.0
ΔB=±2.5
Δt=±1.0
ΔB=±3.0
Δt=±1.0
ΔB=±4.0
Δt=±1.0
ΔB=±5.0
Δt=±1.0
ΔB=±6.0
Δt=±1.0
ΔB=±7.0
32Δt=±1.0
ΔB=±2.5
Δt=±1.0
ΔB=±3.0
Δt=±1.0
ΔB=±4.0
Δt=±1.0
ΔB=±5.0
Δt=±1.0
ΔB=±6.0
Δt=±1.0
ΔB=±7.0
38Δt=±1.0
ΔB=±2.5
Δt=±1.0
ΔB=±3.0
Δt=±1.0
ΔB=±4.0
Δt=±1.0
ΔB=±5.0
Δt=±1.0
ΔB=±6.0
Δt=±1.0
ΔB=±7.0
50Δt=±1.2
ΔB=±2.5
Δt=±1.2
ΔB=±3.0
Δt=±1.2
ΔB=±4.0
Δt=±1.2
ΔB=±5.0
Δt=±1.2
ΔB=±6.0
t125150180200230250300350
B
  • FBのサイズの参考資料 太平鋼材工業
  • 許容差の参考資料 JIS G 3194 B級
  • 取扱い板材サイズは、材料メーカーにより一部異なります。取扱いの有無は、各取引先にご確認ください。
  • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

板厚t、板幅Bごとの板厚許容差Δt,ΔB (B = 400~500)
tB
400450500
3
4
4.5
5
6Δt=±0.4
ΔB=±8.0
Δt=±0.4
ΔB=±9.0
Δt=±0.4
ΔB=±10.0
7
8
9Δt=±0.4
ΔB=±8.0
Δt=±0.4
ΔB=±9.0
Δt=±0.4
ΔB=±10.0
10
12Δt=±0.5
ΔB=±8.0
Δt=±0.5
ΔB=±9.0
Δt=±0.5
ΔB=±10.0
16Δt=±0.6
ΔB=±8.0
Δt=±0.6
ΔB=±9.0
Δt=±0.6
ΔB=±10.0
19Δt=±0.6
ΔB=±8.0
Δt=±0.6
ΔB=±9.0
Δt=±0.6
ΔB=±10.0
20
22Δt=±0.8
ΔB=±8.0
Δt=±0.8
ΔB=±9.0
Δt=±0.8
ΔB=±10.0
25Δt=±1.0
ΔB=±8.0
Δt=±1.0
ΔB=±9.0
Δt=±1.0
ΔB=±10.0
30Δt=±1.0
ΔB=±8.0
Δt=±1.0
ΔB=±9.0
32Δt=±1.0
ΔB=±8.0
Δt=±1.0
ΔB=±9.0
38Δt=±1.0
ΔB=±8.0
Δt=±1.0
ΔB=±9.0
50Δt=±1.2
ΔB=±8.0
Δt=±1.2
ΔB=±9.0
t400450500
B
  • FBのサイズの参考資料 太平鋼材工業
  • 許容差の参考資料 JIS G 3194 B級
  • 取扱い板材サイズは、材料メーカーにより一部異なります。取扱いの有無は、各取引先にご確認ください。
  • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

熱間圧延軟鋼板(SPH材)

以下の材料について、掲載します。

  • SPHC:一般用

熱間圧延軟鋼板(SPH材)の機械的性質

機械的性質(1)
材質降伏点または耐力 [N/mm2]引張強さ [N/mm2](※1)ヤング率 [GPa](※2)密度(※2)熱膨張係数 [×10-6 1/K](※2)
SPCC270~2057.8511.7

機械的性質(2)
tSPHC 伸び [%]
1.227〜
1.629〜
1.829〜
2.029〜
2.329〜
2.529〜
2.829〜
3.231〜
3.631〜
4.031〜
4.531〜
5.031〜
5.631〜
6.031〜
6.331〜
7.031〜
8.031〜
9.031〜
10.031〜
11.031〜
12.031〜
13.031〜
14.031〜
tSPHC 伸び [%]

参考資料 JIS G 3131

    熱間圧延軟鋼板(SPH材)の寸法および板厚許容差

    SPHC 鋼板

    SPHC 板厚t、板幅B、長さLごとの板厚許容差Δt
    tB×L ※( )内はmm
    3’×6′(914×1829)
    3’×8′(914×2438)
    3’×10′(914×3048)
    4’×6′(1219×1829)
    4’×8′(1219×2438)
    4’×10′(1219×3048)
    5’×10′(1524×3048)
    5’×20′(1524×6096)
    1.2±0.14±0.15
    1.6±0.16±0.17±0.18
    1.8±0.16±0.17±0.18
    2.0±0.17±0.19±0.21
    2.3±0.17±0.19±0.21
    2.5±0.19±0.21±0.24
    2.8±0.19±0.21±0.24
    3.2±0.21±0.23±0.26
    3.6±0.21±0.23±0.26
    4.0±0.24±0.26±0.28
    4.5±0.24±0.26±0.28
    5.0±0.26±0.28±0.29
    5.6±0.26±0.28±0.29
    6.0±0.29±0.30±0.31
    7.0±0.29±0.30±0.31
    8.0±0.32±0.33±0.34
    9.0±0.32±0.33±0.34
    10.0±0.35±0.36±0.37
    11.0±0.35±0.36±0.37
    12.0±0.35±0.36±0.37
    13.0±0.38±0.39±0.40
    14.0±0.38±0.39±0.40
    t3’×6′(914×1829)
    3’×8′(914×2438)
    3’×10′(914×3048)
    4’×6′(1219×1829)
    4’×8′(1219×2438)
    4’×10′(1219×3048)
    5’×10′(1524×3048)
    5’×20′(1524×6096)
    B×L ※( )内はmm
    • 公差の参考資料 JIS G 3131
    • 板の在庫については、取引先にご確認ください。
    • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

    冷間圧延鋼板(SPC材)(ミガキ板)

    以下の材料について、掲載します。

    • SPCC:一般用

    冷間圧延鋼板(SPC材)の機械的性質

    機械的性質(1)
    材質降伏点または耐力 [N/mm2]引張強さ [N/mm2](※1)ヤング率 [GPa](※2)密度(※2)熱膨張係数 [×10-6 1/K](※2)
    SPCC2057.8511.7

    機械的性質(2)
    tSPCC 伸び [%]
    0.434〜
    0.534〜
    0.636〜
    0.736〜
    0.836〜
    1.037〜
    1.237〜
    1.437〜
    1.638〜
    1.838〜
    2.038〜
    2.338〜
    2.539〜
    2.839〜
    3.239〜
    tSPCC 伸び [%]

    冷間圧延鋼板(SPC材)の寸法および板厚許容差

    SPCC材 鋼板

    SPC材 板厚t、板幅B、長さLごとの板厚許容差Δt
    tB×L ※( )内はmm
    2.5’×6′(762×1829)
    2.5’×8′(762×2438)
    2.5’×10′(762×3048)
    3’×6′(914×1829)
    3’×8′(914×2438)
    3’×10′(914×3048)
    4’×6′(1219×1829)
    4’×8′(1219×2438)
    4’×10′(1219×3048)
    5’×10′
    (1524×3048)
    0.4±0.05±0.05±0.05
    0.5±0.05±0.05±0.05±0.06
    0.6±0.06±0.06±0.06±0.06
    0.7±0.06±0.06±0.06±0.06
    0.8±0.06±0.06±0.07±0.08
    1.0±0.07±0.07±0.08±0.09
    1.2±0.07±0.07±0.08±0.09
    1.4±0.09±0.09±0.10±0.11
    1.6±0.11±0.11±0.12±0.13
    1.8±0.11±0.11±0.12±0.13
    2.0±0.13±0.13±0.14±0.15
    2.3±0.13±0.13±0.14±0.15
    2.5±0.15±0.15±0.16±0.16
    2.8±0.15±0.15±0.16±0.17
    3.2±0.17±0.17±0.19±0.20
    t2.5’×6′(762×1829)
    2.5’×8′(762×2438)
    2.5’×10′(762×3048)
    3’×6′(914×1829)
    3’×8′(914×2438)
    3’×10′(914×3048)
    4’×6′(1219×1829)
    4’×8′(1219×2438)
    4’×10′(1219×3048)
    5’×10′
    (1524×3048)
    B×L ※( )内はmm
    • 参考資料 JIS G 3141 厚さの許容差A
    • 板の在庫については、取引先にご確認ください(板厚0.4未満のものを含む)。
    • 強度計算をする際は、許容値の下限値を使用するか、十分な安全率を設定することを推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました