ボルト・ナットに対する合いマークの使い方

機械の組立てにおいて、ボルトで部品を固定するときには、合いマーク(アイマーク)というマーキングをボルトおよび母材に対して行います。 この合いマークのは、ボルトが適切に締まっているかどうかを目視で確認するために行います。 ボルトの締め方として、一度仮締 … 続きを読む ボルト・ナットに対する合いマークの使い方